エコニコ農園


もともと無農薬でEM堆肥を米作りをしていた水田を転作し、農薬を一切使わずにブルーベリーの栽培を始めて2017年で、16年目に入りました。ブルーベリーの樹の仕立て方や栽培管理をご指導してくださっている横田先生(岩手大学名誉教授)にも、「エコニコ農園のブルーベリーの樹はこんなに立派で、新しい枝(シュート)が驚くほど沢山伸びてくる」と高い評価を頂いています。また、ブルーベリーの果実は痛みやすいですが、私たちの育てるブルーベリーは大変日持ちが良いです。品質には自信があります。ぜひ農園にもお越し下さい。


農作物 年間栽培予定

年間栽培予定表

ブルーベリーは、毎年6月末頃〜7月下旬にかけて収穫、販売しています。

ジャム、コンフィチュールは、オールシーズン販売しています。

農作物ラインナップ

【2021年の注文受付終了】あきたパールベリー(農薬不使用) 大きく美しいブルーベリーです。樹上完熟で味わいがしっかりしています。

商品情報

【例年は時期をずらして熟すのですが、今年は晩生品種も一気に熟してきたため出荷シーズンが短かくなります。そのため、本日で受付を終了いたします。どうぞご了承ください。(2021.7.12)】

ブルーベリーの果実は痛みやすいですが、私たちの育てるブルーベリーは大変日持ちが良いです。 寒冷地に適したブルーベリーの品種を育てています。寒冷地のブルーベリーは皮が薄いのでとても触感が良いのが特徴です。 大粒のブルーベリーに育てるため、花芽の数を少なくして栽培しています。そのため、栄養分がしっかりと実に行きわたり、 甘みが乗った完熟度と鮮度の高さの目安であるブルーム(果実表面の白い粉)がしっかりと出ています。 ここ数年で、品質向上の工夫を重ね、ますますおいしくなっています。

2021年の様子ですが、昨年8月の猛暑で今年に結実する花芽が高温障害にあってしまい、例年よりも花芽が少なくなってしまいました。そのため今年は大豊作とはいきませんが、今のところ順調に育ってくれています。どうぞお早めにご注文ください。 甘みがしっかりと乗っていて、酸味とのバランスもよく、ギフトにもおススメのブルーベリーですので、ぜひご賞味ください。

※お中元の対応可能です(外箱にのしシールを貼ります)。ご希望の方はお申し出ください。

※商品には別途送料がかかります。

佐川急便 冷蔵便

東北・関東・甲信越 840円

北海道・東海・北陸 1,055円

近畿 1,160円

中国・四国・九州 1,210円

沖縄 1,650円

農薬 : 不使用
肥料 : EMボカシ、EM処理堆肥

110g×8パック  4,400円 (4,752円税込)

送料 送料別途円(税込)

ご予約・ご注文

【ご注文の方法】 商品のご注文は、FAXまたはメールフォームよりお願いします。

【FAX】 0187-44-3986

【2021年の販売は7月末頃の予定ですが数に限りがありますので、無くなり次第終了です。ブルーベリー摘み取り農園は2021年7月10日(土)~7月30(金)日まで開園です。ぜひお越しください! 2021.6.22】

ご注文メールフォーム

農園情報

エコニコ農園 

ご注文メールフォーム


代表者: 代表 小島 克昭

【住所】 〒014-1113 秋田県仙北市田沢湖卒田字早稲田390

【TEL】 0187-44-3929  携帯: 090-8900-5180

【FAX】 0187-44-3986

【EM使用栽培歴】 15年目(2003年~)

【栽培条件】 農薬不使用、EMボカシ、EM処理堆肥を使用

エコニコ農園は、田沢湖ビールや劇団わらび座で有名な「あきた芸術村」(旧たざわこ芸術村)が立ち上げたブルーベリーの農園です。

あきた芸術村(旧たざわこ芸術村)の一角でブルーベリー栽培に着手して15年が経ち、
ブルーベリーの樹も大人になってきました。
そして、実も立派で味わいも充実したものへと成熟しています。
「元気な果実は 元気な樹から」をモットーに、農薬不使用、微生物発酵肥料による土づくりと、
太陽の光がすべての果実に注ぐよう考えた整枝剪定にこだわり続けています。

開園中(2019年7月6日〜8月4日の予定)は、
甘くて大粒のブルーベリーを自分で摘み取って食べる喜びを体験していただけます。
お問い合わせは あきた芸術村予約センター TEL 0187-44-3939 まで

あきた芸術村
http://www.warabi.or.jp/


※GoogleMapで見る